第5回・背中ほぐし

0

    1)膝を抱えてゴロンゴロン

     

    息を吐きながら後ろに転がり、また戻る。

    腹筋を使ってひたすらゴロゴロ

     

     

    ーーーーーーーーーー

     

    2)二人一組

     

    うつ伏せに寝た人の仙骨の上に手を置き、

    反対の手で背骨まわりを やさしーくやさしく撫でる

    まるーくまるく擦る
    ハミングしてもらって、自分もハミングしながら

    かるーくかるく叩く

     

     

     

    ーーーーーーーーーー

     


    第4回・肩甲骨ほぐし

    0

      1)正常な肩甲骨の位置

       

      裃(かみしも)をつけたような左右対称が理想

       

      ーーーーーーーーーー

       

      2)肩甲骨周りがこると

      ゞ擦スムーズに動かない→呼吸が浅くなる

      背中が丸くなり猫背になる。

       おなかぽっこり、腰痛、膝痛

       

      ーーーーーーーーーー

       

      3)ツボ

       

      肩甲骨の内側は大事なツボがいっぱいあります

       

       

       

      大椎(ダイツイ)

      頭を前に倒し、首の付け根に突き出る骨を確認。その真下の圧痛点。

       

      身柱(シンチュウ)

      大椎から背骨3個下がったところ。

       

      膏肓(コウコウ)

      大椎から背骨4個下がったところで肩甲骨のわき。

      「病、膏肓より はいる」と言われる部分の、膏肓は、ここです。

       

      ーーーーーーーーーー

       

      5)2人1組で「え」

       

      補助する人に両肩を軽くつかんでもらって

      「え」を発声しながら手で肩をつかんでまわす

       

      ーーーーーーーーーー

       

      6)壁や椅子を使って

       

      肩甲骨の回転で腕は上がる

      肘の意識が大事です

       

      ーーーーーーーーーー

       

      7)肩甲骨の開閉

       

       

      呼吸に合わせて肩甲骨を開いて閉じて。

       

      ‖を吸いながら、肩甲骨の間を開く。おへそを見る。

       

      息を吐きながら、肩甲骨を狭める。腹筋を使い腰を落とさない。

       

      6擦肇▲瓦鮠欧砲弔韻


      第3回・肩ほぐし

      0

        1)「肩」に肩の骨はない

         

        肩を構成しているのは鎖骨、肩甲骨、上腕骨。

        肩関節はあるが肩の骨はない。

         

        ーーーーーーーーーー

         

        2)五十肩(肩関節周囲炎)

         

        肩関節は回旋筋腱板(カイセンキンケンバン)という腱が補強している。

        そこが炎症するのが五十肩。

        肩まわりを冷やさないことが大切。

         

        ーーーーーーーーーー

         

        3)肩の上げ下げ(肩をすくめる)

         

        肩を耳につけるくらい持ち上げて息を吸う。

        息を吐きながらストンと落とす。

         

        ーーーーーーーーーー

         

        4)ツボ

         

        天柱(テンチュウ)

        後頭部から首すじにかけて中央のくぼんだ部分(盆の窪)の両サイド

         

        風池(フウチ)

        天柱のちょっと上。天柱のわきにとる場合もある

         

        肩井(ケンセイ)

        頭を前に倒したときに出っ張る首の骨と

        肩の尖端の骨を結んだ線の真ん中にあります。

         

        締め付けられるように痛む緊張性頭痛にも効くツボです。

         

         

         

         

         

        ーーーーーーーーーー

         

        5)肩こりの原因

         

        筋肉の緊張が続く

          ↓

        血流の循環が悪くなる

          ↓

        筋肉内に乳酸などの老廃物がたまる

          ↓

        神経を刺激して痛みを引き起こす

         

         

        ・貧血、低血圧、高血圧

        ・精神的な緊張、ストレス、うつ状態

        ・冷え性などの自律神経が不安定な人

        ・眼(近視、乱視、眼鏡の度が合わない)

        ・歯の噛み合わせ、蓄膿症

        ・姿勢、運動不足、スマホのやりすぎ

         

        ーーーーーーーーーー

         

        6)眼精疲労に効くストレッチ

         

        椅子に座るか、あぐらで腰を立てて座る

         

        ‘の後ろで手を組み、胸を張り、息は吐く

         このとき目はを見る

        △へそを見て丸まり、息は吐く

         このとき目はを見る

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        第2回・首ほぐし

        0

          1)首に手当て

           

          〔椶疲れたり、首がだるかったりすると

           首の付け根(第3頸椎のあたり)を

           揉んでいたりしませんか?

           

           ここには交感神経と副交感神経が

           拮抗的に働いています。

           

           首の後ろに手を当てて「うー」を鳴らす

           

           

           

          ⇔昭蠅鯀箸鵑膿道悗鯲てて息を吸う。

           親指で押しながら肘を外に開き、息を吐く。 

           

           

          ーーーーーーーーーー

           

          2)ツボ

           

          支正(シセイ)

          手首と肘の真ん中よりもちょっと手首側

          細い骨の外側(小指側)にとる

           

          外関(ガイカン)

          手首のしわから指3本、骨の間にとる

           

           

          ・首を右に回して右が痛い→右支正

          ・首を右に回して左が痛い→左支正

          ・首を左に回して右が痛い→右支正

          ・首を左に回して左が痛い→左支正

           

          ・左側に屈して右が痛い→右外関

          ・右側に屈して左が痛い→左外関

           

          とにかく「首が痛い、つっぱると感じる方」の腕を

          ツボ押ししましょう。


          第1回・頭ほぐし

          0

            1)母音の「う」を鳴らす

             

            頭部の前側がより響く

            目・鼻・耳の疲れをとり

            鼻づまりの緩和にも

             

             

            ーーーーーーーーーー

             

            2)5本の指でマッサージ

             

            両手の指の腹を使い、セルフマッサージ

            こめかみ→百会→耳の後ろ→アゴの方向に。

             

             

             

             

            ーーーーーーーーーー

             

            3)認知症予防のツボ

             

            頷厭 (ガンエン)、懸顱 (ケンロ)は

            目や頭痛にも効くツボ

            毛の生え際の内側にとる

             

             

            ーーーーーーーーーー

             

            4)ブラシを使ってマッサージ


            ブラシを使って頭〜首〜肩を

            軽くリズミカルにトントン

             

            ーーーーーーーーーー

             

            5)頭痛の種類によって対処法は違い、ツボも違う。

             

             

            (卞痛……脳の血管の一部が痙攣して血流が悪くなり

                    その反動で血管が広がるときに痛む。

             

            百会(ヒャクエ)

             

            風池(フウチ)

            耳の後ろにある骨のでっぱりの下端とうなじの真ん中にあるクボミとの中間

             

            群発頭痛……1日のうちに何度も繰り返して起こり、数日続く。

                      目の痛みや充血を伴う。

             

            攅竹(サンチク)

            左右それぞれの眉頭のきわ

             

             

             

            6枋ダ頭痛……はちまきで頭を締め付けられるような痛み。

             

            天柱(テンチュウ)

            うなじの生え際中央のクボミの両側にある太い筋肉の外側

             

            肩井(ケンセイ)

            頭を前に倒した時に出っ張る首の骨と、肩の尖端の骨を結んだ線の真ん中。

             

            ーーーーーーーーーー

             

            合谷(ゴウコク)

            親指と人差し指の骨のあわさるところの人差し指側にとる。

            頭痛・めまい・胃腸の不調にも効く万能ツボ

             

             

             

             


            1

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << September 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            recommend

            recommend

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM