対談


対談3−2:腹式呼吸で血流をよくしよう—横から見た腹式呼吸

①鼻から息を吸った時に、横隔膜は下がっておなかがふくらむ。

②口から息を吐く時に、横隔膜は上がっておなかがへこむ。

仰向けの腹式呼吸はこちらを参照↓


対談3−1: 腹式呼吸で血流をよくしよう—-横隔膜はここにある 


ブログ更新しました!https://ameblo.jp/ko-mi-3/


対談2: ひなまつり

(かわいいお雛様。なんちゃって主婦さん作。)

なんちゃって主婦とガンコジン

ナイショのひなまつり対談

G 春めいてきました。花粉症も始まったみたいですね。体調はいかが?

N この時期、自律神経乱れまくり。皆きついという。私ももれなくきつい。

G 自律神経の乱れね、眠りはどうですか?

N 夜は夜で寝ているのに、昼間も眠い。PD患者は寝返りができないから寝が浅いの。

G 寝返り大変らしいね。私の患者さんは、寝る前に水が入ったコップを手に持っていて、 

朝目が覚めたとき、水が入ったままでこぼれてなかったって。どれだけ微動だにしないで寝てるんだろうか。ほんとかな?

N それほんとだと思う。寝ていてお尻が痛くなるもの。

G ほんとに微動だにしないんだね。

N ついでに言うと、抗パ剤のアゴニスト(ドーパミン受容体刺激薬)の副作用で突発的に眠くなる。

G 突発睡眠は怖いね。大怪我するものね。立ったまま寝てしまって、倒れて恥骨骨折とかね。

N 運転が怖い。信号待ちで寝る。

G ひー、怖い。

N 最近キッチンタイマーを持ち歩いている。15分で鳴るようにして。

G いいよね、キッチンタイマー。私も鍼灸学校の時、キッチンタイマーが勉強の友だった。15分がちょうどいいんだよね。

N 同じ作業を続けないように。15分はカラダも凝らない。集中力も切れない。作業もはかどる。15分ごとにストレッチをしてカラダをほぐし、すきなことばかりに集中しないようにする。学生時代こうやっていたら、

G 大秀才になってたよね!15分ガーッと覚えてちょっと休む。その休むが大事。ガーッと集中、ちょっとリラックス、またガーッと集中、ちょっとリラックス、そのリズムが大事なんだよね。

N この病気って依存症になるから、のめり込むといつまでも集中しちゃう。私は、依存性が強く、いつまでもやって挙げ句に首を痛める。毎度夫に怒られる。今はタイマーとの競争。鳴る前にに切る。例えば今まではだらだらと洗濯を干していたけど、この頃は、タイマーが鳴る前に干し終える。そして、タイマーに「どうだ!」と言う。

G 小さな勝利、達成感!

N 気持ちいい。するとドーパミンがでる。この手を屈指して、少ない薬で乗り切る。

G 「15分タイマー療法」と名付けよう。

N 15分タイマーは、頭の切り替えにもいいし、遠くに置いておくと止めにいかないといけないから必然的に動く。この作戦で家の中だけで7000歩。

G 素晴らしいねぇ。

N お陰で血流がいい。そんなわけで冷えから脱出。カラダが温かいと不思議なことにポジティブになる。どっしり構えられる。

G 冷えには腹式呼吸も効きますよ。

N うん、呼吸大事。呼吸には心模様が現れる。不調だったり不安だと猫背になり、浅い呼吸になる。好きなことをやっているときは丹田が柔らかい。

G 頭で考えずに丹田で考えるといいね。みぞおちが柔らかくなれば横隔膜の動きがよくなります。よし、次のテーマは横隔膜をしっかり動かす「血流がよくなる腹式呼吸」でいきましょう。


姿勢をよくする3つのあえいおう」 はPDFコーナーから印刷できます。


対談1 :新春