おなかほぐし

おなかほぐし

1)腹式呼吸で内臓をマッサージして便秘を改善

腹式呼吸は、鼻から息を吸った時におなかがふくらみ、口から息を吐いた時に
おなかがへこむ呼吸法。横隔膜を上下させることで、適度に腹圧がかかると
①腸が刺激され 

②血行が促進され 

③腸の蠕動運動も自然に行われる。

2)カラダが冷えると便秘になる。
  その毒素が血液を汚すとさらにカラダが冷える悪循環→冷房対策必要

便秘に効くツボ 沢田流神門(さわだりゅうしんもん)
効果 左手の澤田流神門は特に効果あり。
神経衰弱、不眠、めまい、ドキドキ、イライラ
する時にも効果がある。
ツボの場所 手のひら側の手関節のシワを
小指側になぞっていき、端のくぼんだ所
刺激の仕方  反対の親指をあて、気持ちいい
と感じる強さで押しては離すを10回繰り返す。
効果 左手の澤田流神門は特に効果あり。
神経衰弱、不眠、めまい、ドキドキ、イライラ
する時にも効果がある。
ツボの場所 手のひら側の手関節のシワを
小指側になぞっていき、端のくぼんだ所
刺激の仕方  反対の親指をあて、気持ちいい
と感じる強さで押しては離すを10回繰り返す。
丸い骨、尺骨 スジ

おなかのマッサージ 天枢(てんすう)から大巨(だいこ)

効果 腸に刺激を与え、即効性がある
ツボの場所 天枢はおへそから指3本分外側
大巨は天枢から指3本分下にある
刺激の仕方 人差し指、中指、薬指の3本の指を揃えて、左右のツボを同時に押す。
ゆっくりと息を吸ったり吐いたりしながら、気持ちいい範囲で行う。